« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月27日 (月)

海水魚ショップ情報 Blue Tank(ブルータンク)

海水魚ショップ・専門店 Blue Tank(ブルータンク 本日は沖縄・石垣島に本拠を置くBlue Tank(ブルータンク)さんをご紹介いたします。さすがに世に聞こえた沖縄のショップさんはどこも評判が良いですが、ここももちろん沖縄の良質な個体を取り扱うショップさんです。ちなみにTOPページのPage Rankは「2」、「海水魚」での検索順位はYahoo!の60位が最高でGoogle、MSN共に100位までには入っていないようですが、「海水魚専門」と入れて検索すると、3大検索エンジン全て1位!となっています。すごい!

さて、Webの方ですが、販売中の個体が写真付で入荷順に並べられているというシンプルな構成です。しかし、その写真も拡大可能で、かつ、採集状況も書かれている等「痒いところに手が届く」構成となっており、たいへんユーザーフレンドリーな作りとなっています。無論、価格も表示されています。なお、生体はクマノミ類のペア(主としてカクレ)・イソギンチャク(ハタゴ中心)・アマモと数こそ少なく、売り切れの期間も多々ありますが、いずれも状態は良く購買(飼育)意欲をそそる個体です。また、入荷情報のメール配信もありますので、どうしても良質な個体を入手したい場合は、そのメールに掲載されている更新時間に合わせてWebにアクセスしましょう!競争率も相応に高いですから。。。

そして、コンテンツの方も「読ませる」といった感じのものが多く、ポリシーを端々に感じさせる秀逸なページ構成となっています。もっと生体数を増やしてほしい、とかいろいろご意見もあろうかと思いますが、このコンテンツを読むと、そういった声も小さくならざるを得ないでしょう。

ということで、沖縄の良質な個体を入手したい方は必見のショップさんです。

3月 27, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

海水魚ショップ情報 海水館

海水魚ショップ・専門店 海水館 本日は大阪にある通販専門店の海水館さんをご紹介したします。以前はリアル店舗もされていましたが、現在は通販専門店となっています(先般ご紹介した「IT化指数」では75点でした)。ちなみに、TOPページのPage Rankは「3」、現在、キーワード「海水魚」でGoogle18位、Yahoo!49位、MSNはまだランク外ですが、やり方次第ではまだまだ検索順位は上昇可能です。ただ、詳しくは書きませんがちょっと構造上問題点がありますね。。。

さて、早速Webのご紹介ですが、サイトを開いた状態で、こちらの視界にキチンと最新入荷情報が目に入るように配置されており、わかりやすくなっています。また、メニューもすぐ下に配列されていて迷う方はまずいないでしょう。生体は魚・サンゴほどよくといった感じで、一般種が多く珍種・高級魚等はほとんど入りません。ストック自体も(器具もそうですが)全般的に少なめですが、国産ものや養殖ものが結構あります。なお、固体写真はそれほどありませんが、価格は全部記載されており、その価格は皆さんご存知のとおり「良心価格」です。

そして、何と言ってもここの「売り」はオリジナル商品と豊富なコンテンツではないでしょうか?活性底面BOXなどお使いになられている方も多いと思いますし、コンテンツの多さは恐らく全国のショップさんの中でNO.1だと思われます。理論に異議を唱える方もいらっしゃるかと思いますが、各種飼育講座やコラム等相当数のファンがいると推察されます。そういう意味では大変影響力のあるショップさんと言うことができるでしょう。また、機関誌「ブルー・ライトニング」を読まれている方も多いのでは?

と言うことで、今後の展開から益々目が離せないショップさんです。

3月 25, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

海水魚ショップ情報 特集:ショップ別IT化指数(関西編)

本日は以前行いました特集の第2弾といたしまして、関西の海水魚ショップ・海水魚専門店さんの「IT化指数」を比較してみたいと思います。

今回も予めお断りしておきますが、本指数はあくまで当方独自の判断に基づくもので、その正確性を保証するものではありませんし、また、本指数が低い=悪いショップという図式は全く成り立たず、「Web」という観点からのみ考察をしていることをご了承くださいませ。また、ショップさん選定にあたりまして、Blue Harborさんのように、比較できる項目が一切載っていないところははずさせていただいております(少なくとも通販の体制が整っているショップさんを選んだつもりです)。

前回同様に「IT化指数」をご説明しますと、「Webにおける情報掲載指数」のようなものです。つまり、Web上でそのショップさんの生体情報等がどの程度把握できるか、という観点から項目を設置し算出していますので、この指数が高ければ高いほど、「何でもWebから情報が手に入る」ショップさんということになります。従いまして、特に通販をされる方にはありがたいショップさんといえるでしょう。

続きまして具体的項目ですが、まず「更新頻度」はこれまで当サイトでご紹介してきた「更新頻度ランク」に基づき、特A=50点、A=40点、B=30点、C=20点、X=10点として配分します。次に「入荷情報」「在庫情報」「価格表示」「個体写真」「メルマガ」の5項目を設け、それぞれ、あり=10点、一部あり=5点、なし=0点としてカウントし、総合計100点満点で表しています。

shop_kansai ←集計表:クリックして拡大してください。

関東のショップさんの比較時よりも上位は激戦となりました。90点以上が3店舗!そんな中、満点で1位を獲得したのはルクールさんでした!入荷の都度のメルマガ配信、個体写真のこまめなアップ、そして頼めばさらに個体写真の追加を送っていただけるという、とてもユーザーフレンドリーなショップさんで、妥当な結果ではないでしょうか?続く2位のアキュリさん、3位のアクアハウス海(マリン)さんも90点以上で共にハイレベルです。

なお、一応それなりの時間を費やしてウォッチはしているのですが、一部のショップさんについては更新しているのかどうかなかなか判別がつかないところもありましたので(^^;ひょっとしたら誤った箇所があるかもしれません。その際はご指摘くださいませ。

ということで、この企画はさらに続けていく予定です。

3月 22, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

海水魚ショップ情報 yosiaさん編

本日は、このblogにもコメントをしていただいているyosiaさんの手によるショップ情報をお届けします。私自身まだ行ったことのないショップさんが多々ある中、とてもありがたいショップ情報で、今回は王子にあるアクアステージ21さんと池袋にあるアクアペッツ太公望(Webなし)をレポートされていますのでご紹介させていただきます。

<↓yosiaさんのレポート(blog)へのリンク↓>

アクアステージ21

アクアペッツ太公望

アクアステージ21さんは、器具で有名なアクアシステムさんのアンテナショップ、とWebに説明があるように、同社製品を中心に取り揃えているようです。また、Webは綺麗なんですが(太公望さんはWebがないので(^^;何ともいいようがありません)、セール情報以外にあまりコンテンツが更新されていない気が。。。せっかく優れた製品を沢山だしていらっしゃるんですから、今少し充実させて欲しいと思います。

yosiaさん、どうもありがとうございました!

追記:

yosiaさんより太公望さんのWebあり、とのご指摘をいただきました。たしかにありますね、こちらです。

内容は自社システムの説明ってところですか。。。ちなみに、Page Rankは「0」です(^^;また、外部リンクは全くない状態でしょう。これでは、このWebの存在を世に知らしめることすら厳しい状態です(^^;なお、「はてなブックマーク」で、お一人だけこのページをブックマークされているようですね。う~ん、せっかくWebがあるのですから、今少し告知されてもいいような気が。。。このページの作りでは、「アクアペッツ太公望」で検索しても引っかからないでしょう。もったいない。。。

3月 20, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

海水魚ショップ情報 アクアハウス海(マリン)

海水魚ショップ・専門店 アクアハウス海(マリン) 本日は、関西地方は滋賀県にある通販専業ショップアクアハウス海(マリン)さんをご紹介します。以前はリアル店舗もやっていたようですが、現在は通販専業として運営されていらっしゃるショップさんです(この点同じ関西地方の海水館さんなんかも同じですね)。

さて、当然のことながら店舗紹介はできませんので、Webについてご紹介していきます。まずTOPページですが、通販専業らしくすっきりとした作りになっており迷うことは無いでしょう。海水魚・無脊椎・器具それぞれに入り口があり、またそれ以外のコンテンツもキチンと整理されています。ちなみに、TOPページのPage Rankは現在「1」、リニューアル前は「2」でしたので、若干悪化しています。この辺り、ネット専業であればこそ、強化を図りたいところです(少し調べてみたのですが、被リンク数が少ないのでは?という感じですので、今回このページからのリンクもお役に立ちそうです)。

生体はどちらかというと海水魚メインで、実際に使ったこともあるのですが、状態はまずまずでしっかり管理されているのではないかと思います。ただ、通販専業なだけに、ここの管理とは無関係に配送状態で大きく変わってしまうリスクは常に内在していますのでご留意ください。また、価格はピンキリ、器具は若干高めかな、という印象です。

そして実は・・・ここの本当の真価は「メール情報」にあると言っていいと思います。そもそも、Web上でそれ程大きく募集していないにもかかわらず、目玉商品はほとんど、このメールで紹介されるという仕組みです。これを知らずに、通常商品をWebから注文して購入するのも、それはそれで良いのですが、やはりメール情報を見てナンボじゃないでしょうか。どうせなら今少し大々的に募集してもいいのでは?と思ったりしてしまいます。

と言うことで、まずはメール会員登録した上で、いろいろ楽しみたいショップさんです。

3月 19, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

海水魚関連情報 Web検索編

本日は、海水魚Web関連情報として、「海水魚関連検索ワード」をご紹介いたします。皆さんも、検索エンジンで情報を得ようとする際に、何らかのワードを入力して検索されると思いますが、では、「海水魚」をメインキーワードとした際に、どのようなワードが「海水魚」と複合されて検索されているかを見てみたいと思います(「複合検索」はメインキーワードに何か他のワードをくっつけて検索する方法で、皆さんも例えば「海水魚」と入れた後に「飼育」というワードを追加して検索したりしますよね)。

これを調べるツールも無論ありまして、こちらでメインキーワードを入力すれば、そのワードに関連して検索されている一覧で出てきます。ちなみに、このツールは「overture(オーバーチュア)」という検索キーワード連動広告を手がけている有名な会社(Yahoo系)が提供してくれています(付記しますと、現状ネット広告の2大メジャーはこのオーバーチュアとGoogleが手がける「Adwords(アドワーズ)」です)。

さて、それでは早速見てみましょう。

1位は当然、単体で「海水魚」です。検索数は2月だけで約2万回あったことがわかりますが、これは多いんでしょうか?少ないんでしょうか?ライバル?と目される「熱帯魚」の場合はこの約3倍の6万5千回が検索されています。この数字を見た場合は、飼育比率に比し、「海水魚」の検索回数は多いのではないでしょうか?

この後、「海水魚専門店」「海水魚魚類」「海水魚飼育」と続き、「海水魚ショップ」は5番目です。もっと検索されているかと思ったんですが、一般的には「海水魚専門店」で検索されているようですね。

以降は「海水魚販売」「海水魚水槽」「海水魚通販」「海水魚飼い方」と続いています。また、この後10番目に「生麦海水魚センター」さんがショップとして初登場していますが、当然のことながら、ショップ名に「海水魚」と入っていない場合はここには出てきませんのでご注意ください(それを差し引いても生麦さんの検索回数は多く、名前が浸透している、ということを大きく裏付ける結果となっています)。

以上、「海水魚」にまつわる検索ワードをご紹介しましたが、もちろん、このツールは何にでも使えますので皆さんも是非使ってみてください。

3月 18, 2006 海水魚Web関連情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

海水魚ショップ情報 マリンルートワン

海水魚ショップ・専門店 マリンルートワン 本日は、横浜にあるマリンルートワンさんをご紹介します。その名のとおり、国道1号線に面したお店です。最寄駅は横浜市営地下鉄三ツ沢下町、そこから歩いて2~3分といったところで、駅からかなり近く、便利な立地です(幹線道路沿いですので、お車で行かれる際は駐車スペースの確保が難しい)。

まずここはクマノミの繁殖で著名なショップさんです。お店の中も、「非売品」の各種クマノミペアが展示水槽を悠然と泳ぎ回っています。また、イソギンチャクについても沖縄の良質な固体が入荷しますが、いかんせん価格が高め、という点が難点です。生体はたいへん状態の良いクマノミ中心(店内繁殖モノも結構あります)でそれ以外はあまりストックされていませんので、いろいろな生体を見て何を購入するか決めたい、という方にはあまりオススメできませんが、特にクマノミ・イソギンチャクを物色される方にはピッタリのお店だと思います。ちなみに、値段もところどころ書いておらず、価格に敏感な方はプレッシャーを感じるかもしれません。ただし、器具類は安い!特にセール品には掘り出し物あり!ですのでチェックしましょう。なお、店内はそれ程広くはないですが、良くまとまっている印象です。

一方Webはどうか、という点ですが、つい先日くらいまでははっきり言ってあまり参考にはなりませんでした。クマノミペアやイソギンチャクの在庫なども、中には1年以上「完売」の表示が掲げられているものもあったりして(←まあ、今も出てますが^^;)、在庫状況は都度問合せに頼る他ないといった感じでした。しかし、ここにきてこの辺はかなり改善されつつあるようです。生体在庫も以前より強化されているようです。良質な生体を扱っている素敵なショップさんですので、さらにWebの充実化を図っていただき、もっとアピールしてもいいのでは?と思ったりします。あと、さすがにクマノミに関するコンテンツは充実していますのでご一読してみてください。

という訳で、クマノミの繁殖を目指したい方には絶対オススメのお店です。

3月 12, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

海水魚ショップ情報 kazika(カジカ)

海水魚ショップ・専門店 kazika(カジカ) 本日は、横浜にあるkazika(カジカ)さんをご紹介します。最寄駅は、横浜市営地下鉄「センター南」駅、その駅の「出口1」から歩いて数分と、非常に便利な立地です。サイト上でも並列で出されていますが、「花の木」という花屋さんとここがリアル店舗でも隣り合っています。素晴しいWebとリアルのコラボレーション!

さて、店内のご紹介です。それ程広くはありませんが、コンパクト・きれいにまとめられいるといった印象です(それ程広くない分器具類は少なめです)。生体は魚・サンゴ共にまずまずストックされていますが、特にイザリウオやカサゴ系に強く、Webでも独立したコーナーとして扱うほど種類豊富です。また、沖縄のキューブさんと業務提携されているようで、沖縄からの良質な個体も多数ストックされています。無論、状態・価格共に納得のいくものです。

一方、Webについても在庫情報はマメに更新されているようで、通販される方には重宝すると思います。ただ、一点、これで「入荷コーナー」があれば完璧なんですが(^^;せめて新規入荷生体には、例えばVESSEL(ベッセル)さんのように何か印をつけていただくだけでもかなり変わるんですけどね。ちなみに、在庫情報以外の各種コンテンツも充実していますので、在庫情報だけではなく、是非こちらもご覧いただくことをオススメします。

というわけで、特にイザリウオ系が好きな方などには自信を持ってオススメできるショップさんです。

3月 11, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

海水魚ショップ情報 Web Page Rank 西日本編

本日も、引き続きPage Rankの考察を行いたいと思います。さて、前回「次は関西編を」としておりましたが、実は大苦戦!なかなかPage Rankが高いショップさんがないんです。従いまして、今回対象としたショップさんは、関西以外に中部(中京)・中国四国・九州・沖縄と結局ほとんどの西日本をカバー(一部東日本も含みますが)してしまいました。しかも、ここまで対象地域を広げたにもかかわらず、Page Rank4以上は皆無。。。こうしてみると、Page Rank4を付与されているアクアペットジョイさんと東京サンマリンさんの偉大さがわかります。

と、いうことで今回はPage Rank3のショップさんをご紹介します。

海水館、アクアショップグッディ、ペットバルーン、トピック、リミックス、沖縄水族館、宮古海水魚

以上のとおり、今回は上記7店のショップさんのみ、Page Rank3が付与されていました。中でも海水館さんのコンテンツ充実ぶりは以前から光っていますね。その他でも有名どころが多いように感じます。

まあ、必ずしもPage Rankが高いからといってそこのお店のWebが優れている、ということにはつながりませんし、あくまで一つの指標としてご理解いただければ、とは思います。ただ、当然被リンク数等は勘案されている数値である訳ですから、相応にWebに力を入れているという証左となるともいえるのです。

ということで、海水魚ショップさんのPage Rankのご紹介でした。

3月 6, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

海水魚ショップ情報 Web Page Rank 関東編

page_rank 本日は、海水魚ショップ・専門店のWebシリーズとして、Googleで表示される「Page Rank」の上位ショップさんをご紹介したいと思います。ご存知の方も多いかと思いますが、Google上で「そのページの重要度を表す」指標の一つとされており、主としてそのサイトの被リンク数によって算出されているようです。ちなみに、この名称にある「Page」ですが、そのままWeb上の各Page(ページ)を表しているかと思うと実はGoogle創設者でもあり、このRankの考案者でもあるラリー・ペイジ(Larry Page)氏の名前から取ってきたりしています。

さて、今回はこの「Page Rank」について、関東のショップさんを対象に上位10位までを発表したいと思います。なお、調査にあたりまして対象とするページは、各ショップさんの「顔」とも言えるTOPページを採用することとします。

1位(2店舗)・・・Page Rank4 AQUAPET JOY東京サンマリン

3位(8店舗)・・・Page Rank3 B-BOX、KUKI、ナチュラル、生麦海水魚センター、ペンギンビレッジ、シェルフィッシュ、ピーデー熱帯魚センター、マリンセレブ

現状、関東圏のショップさんのうち10店舗がPage Rank3以上、うち2店舗がPage Rank4という結果が出ました。ポータル系が高くなり易いPage Rankですので、単独ショップさんが高い数値を出そうとしてもなかなか難しい面があるとは思いますが、結構健闘しているのではないでしょうか?

ちなみに、Googleツールバー上で表示されていなくても、ここにURLを打ち込むと出てくる場合もあります。

ということで、次回は関西のショップさんを分析してみたいと思います。

3月 5, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

海水魚ショップ情報 アクアペットジョイ

海水魚ショップ・専門店 アクアペットジョイ 本日は幡ヶ谷にあるAQUAPET JOY(アクアペットジョイ)さんをご紹介します。ここを「海水魚ショップ・専門店」として扱うのは趣旨に反するような気もしますが、比較的入荷頻度も高く、生体の状態もまずまず良いと思いますので、今回ご紹介する次第です。最寄駅は新宿から二駅(京王新線)の幡ヶ谷と、アクセスはかなり便利です。駅からも歩いて5・6分程度だと思います(商店街を抜けて左折すぐ)。

店内はとにかくいろいろな生物がいます。魚類はもちろんのこと、爬虫類・両生類・昆虫といったところまで幅広く取り扱っています(特にザリガニやカエルの珍種に強いようです)。一度店長に「何がお店にとってメインなんですか?」と尋ねた際は「その時流行っているもの」と冗談交じりに答えてくださいました。

さて、肝心の海水部門ですが、生体の種類・状態ともまずまず、サンゴ・器具もそれなりに置いており、決して「その他の一部門」と侮れません(ただし器具は爬虫類系のものが豊富だったと思います)。時には掘り出し物もあるようですので、マメに入荷情報(メール配信サービスあり)等をチェックしましょう。値段も比較的リーズナブルだと思います。

ということで、新宿からも近いことですし、海水魚に限らず、いろいろな生体を見てみたい方にはオススメのお店です!

3月 3, 2006 海水魚ショップ・専門店情報 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

海水魚関連器具情報 マルチスキマー

logoAS 本日は、海水魚関連器具情報としてアクアシステム社さんの新製品(と、言ってもちょっと前に出ていますが)、「マルチスキマー」をご紹介したいと思います。

この商品を一言で表すと「夢の?超一体型商品」でしょうか?基本性能として、プロスキ+殺菌灯+生物濾過を兼ね備えています。また、これ以外にも油膜除去機能が付いており、まさに「オールインワン」(パソコンみたいですね)と呼ぶにふさわしい機能となっています(なお、同社HPでは、使用に際して60センチ水槽を推奨されています)。

実は昔から「これだけでOK!」とか「全てをカバー!」の謳い文句に極めて弱い体質でして(^^;当然、この製品にも惹かれまくっています。是非一度使ってみたいなあ、と思っているのですが、「是非一度」のレベルで出費3万円(定価)は考えてしまいます(^^;また、これまで発売された「一体型」商品の多くが生き残っていない状況も、購入を躊躇してしまう大きな要因となっています(NISSOのプロスキ+底面の「ハイブリッドフィルター」とか思い出しますね・・・)。

と、いうわけで、もし既にお使いの方がいらっしゃいましたら、ご感想などを是非お聞かせくださいませ。

※ちなみに、アクアシステムさんのWebですが、新着情報の最新が更新されていませんので、こちらをご覧になられても出てきません(最新情報は2004年6月でSTOP中)。

3月 1, 2006 器具・書籍・雑誌等 | | コメント (0) | トラックバック (0)